甘酒は飲む化粧品

甘酒には、酒粕から作られたものって米麹を原料としているものがあります。とも美容に効果的な栄養素は含まれますが、総合して美容のためにおすすめしたい甘酒は米麹の甘酒と言っても良いでしょう。

酒粕で作られた甘酒は甘みを砂糖でつけておるだけでなく、アルコールが留まるためちょびっとお酒の香りが決める。米麹で作られる甘酒は、お米を発酵させたもの。十中八九砂糖を使用せずに製造され、アルコールを含まないためお酒の香りもしません。ブドウ糖を含むことから「呑む点滴」と言われているのは米麹の甘酒だ。

また、砂糖が加えられている酒粕の甘酒の糖分はショ糖。一方、米麹の甘酒に含まれるブドウ糖は血糖値を上げて食欲を食い止める効果が期待できるため、上手に利用すればダイエットにも役立つとも言われています。

留まる栄養素に共通するものはありますが、コウジ酸やオリゴ、食物繊維にビタミンなど、より美容に効果的な成分を含むのは米麹の甘酒と考えられます。

紫外線対策は日焼け止めサプリだけでは不十分