効果的な入浴法

水を沢山呑み、血液の濃度を薄め、体外に排出!
血液の汚れや、体内の毒素は「排出」させるしかありません。
体の毒素の75%は便から排出され、それ以外は尿、発汗からとなりますので、意識して水を沢山のみ利尿作用も高め、体外に排出させましょう。
汗をかく事で毒素が排出され、細胞がよみがえります。
入浴自体が体温を上昇させるため、血管がひろがり血流がよくなります。 クーラーのきいた部屋に長時間いたり、冷え性の方は汗腺も皮脂腺も閉じて汗がで難くなっていますので、お風呂で汗腺などをひらいて差し上げることが必要です。

<効果的な入浴方法>
熱すぎないお風呂(37~38度)につかるといった、大量の汗がでてきますが、最初にでてくる汗は水分主体の汗だ。

更にじっくり体を暖めるという、皮脂腺が活性化し、脂汗がでてきます。こういう脂を含んだ汗は、細胞内に蓄積してある、水銀、ダイオキシン、ひそ、重金属などの化学物質や有害物質などの毒がふくまれている。

こういう毒素を汗と共に排出するため、老廃物の排出が促され、血液がまとまり、細胞がよみがえります。 発汗作用で新陳代謝が活発化しますので免疫のおっきい血液に生まれ変わります。

<運動>
運動は筋肉の動きと共に動脈や静脈の血流が促進されます。 また筋肉が収縮、弛緩すると同時に、血管も同時にポンプ作用で血液が押し出されたりして、血行がよくなり老廃物も押し流されます。

夏休みの子供たちだけのものではありません!
毎朝の「ラジオ体操」は本当に短時間なのに、ストレッチから骨格筋を鍛え上げる全身運動がまとめられていて効果的です。継続するため、血行が良くなり綺麗な血液を取ることができます。
NHKも毎日「みんなの体操」という番組でテレビ体操を行っています。外にでてジョギングはちょっと・・・とおっしゃる方はまずご自宅でやってみましょう!

お尻のニキビ対策